So-net無料ブログ作成
検索選択

<模擬地雷>耕作車両が通る路上に5個敷設 軽トラックが乗り上げる(毎日新聞)

 ◇住民の軽トラックが乗り上げる−−奈義町、再発防止申し入れ

 岡山県の陸上自衛隊日本原駐屯地(奈義町)内にある一般農家用の許可耕作地につながる路上で、自衛隊が演習用の模擬地雷5個を敷設していたことがわかった。耕作地に向かう住民の農業用軽トラックが20日、模擬地雷に乗り上げた。一般車両が通行することから、自衛隊が「自衛隊車両進入禁止」を決めている路上だった。連絡を受けた町は、自衛隊に再発防止を申し入れた。【檜山佑二】

 地元の農業、内藤秀之さん(62)が毎年、自衛隊と契約を更新し駐屯地内の約50アールを許可耕作地として借り受けている。この耕作地に至る路上に演習対戦車地雷5個が置かれていた。道幅は狭く、内藤さんの耕作を手伝う農業、平井政志さん(62)が20日午後、軽トラックで通りがかり、模擬地雷の一つに乗り上げたという。平井さんにけがはなかった。

 模擬地雷は直径約30センチ。側面に「72式型演習対戦車地雷」と記されている。自衛隊によると爆発能力はない。

 平井さんは「車のタイヤが大きなモノにぶつかり『ドン』と音がした。車を降りて確認すると、模擬地雷だったのでびっくりした。ここでは訓練をしてはならないはず」と話した。町演習場対策室は現場を確認して駐屯地に「今後このようなことが起きないように」と申し入れた。

 自衛隊によると、許可耕作地にいたる道や橋は国有地。自衛隊は進入口に「これより先、許可耕作地につき自衛隊車両の進入を禁止する」と書いた看板を立てている。山根淳・駐屯地演習場対策室長は「当駐屯地以外の部隊500人が演習している。対戦車地雷敷設を訓練したが、一般車両が通る道路なのに注意義務を怠った。速やかに模擬地雷を撤去し、訓練場所を確認するよう注意した」と釈明した。

ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)
今年の生化学的検査試薬の売上高は534億円に―富士経済(医療介護CBニュース)
鹿も口蹄疫心配、でも対策が…頭抱える奈良公園(読売新聞)
首相「環境に配慮した新しい形をつくる」 普天間飛行場の辺野古移設で(産経新聞)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

モロキュウ


ホテル入ったとたんに押し倒されたぞ!!
お口でビンビンにさせられて即 挿 入!!しかもナ マ 中 出 し!!

そのまま満足いくまでセク~スして、報 酬 7 万置いて帰ったしwww
ゆとり世代なのか知らんけど、最近の女の子って凄すぎるなwwww
http://toy.PizaPizahiza.net/2mnug5a/
by モロキュウ (2010-05-29 20:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。