So-net無料ブログ作成
検索選択

トラブル防止へ「入所時リスク説明書」を公表―全老健(医療介護CBニュース)

 全国老人保健施設協会(全老健)はこのほど、老人保健施設で発生しやすい事故の典型例をまとめた「入所時リスク説明書」を公表した。利用者家族に対して、文書で具体的に事故のリスクを提示することにより、施設側と家族の間のトラブルを未然に防ぐ。全老健では、施設担当医のほか、支援相談員や施設の関係者などに対しても積極的に活用するよう呼び掛けている。

 説明書では、リハビリ施設として原則的に拘束を行わないために転倒・転落による事故が増える可能性があることや、利用者の状態が悪化したときに施設担当医の判断で病院に搬送する場合があることなど、施設における高齢者全般のリスクを紹介している。
 
 全老健の担当者は、「入所前の説明だけでなく、退所後に利用者が安全に生活するための注意書きとしても活用してほしい」としている。


【関連記事】
13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大
「リハのスタッフは医療・介護に積極的にかかわるべき」
日数制限撤廃で「全人的リハビリ医療の再構築を」
要介護者や家族が長妻厚労相や山井政務官と意見交換
安藤氏、西島氏ら5人に推薦状交付―老健連盟

家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
<新潟水俣病>4次訴訟 患者会が和解協議入りを決定(毎日新聞)
両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)
建築基準法令違反、認知症GHの15%―国交省(医療介護CBニュース)
子ども手当満額断念 厚労相「財政上非常に難しい」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。